肺炎患児の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,588
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    肺炎患児の看護
    < 看 護 >




    体温が平熱となり、正常な呼吸ができる。
    肺炎の再発を起こさない
    母親をはじめ、家族の協力のもとに不安を軽減する。
    看護のポイント 急性期には主に発熱と呼吸器症状が急激に出現し、さまざまな全身症状が現れる。正確な診断と早期治療のための援助を行い苦痛の緩和をはかる。
    症状の再燃を予防すると共に、離床への援助と再発を防止していく。
    乳幼児の場合は、特に症状の変化が激しく進行が速いので、全身状態の観察やバイタルサインに注意する。
    患児の入院生活を取り巻く環境に配慮する。
             O

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                        肺炎患児の看護
    < 看 護 >




    体温が平熱となり、正常な呼吸ができる。
    肺炎の再発を起こさない
    母親をはじめ、家族の協力のもとに不安を軽減する。
    看護のポイント 急性期には主に発熱と呼吸器症状が急激に出現し、さまざまな全身症状が現れる。正確な診断と早期治療のための援助を行い苦痛の緩和をはかる。
    症状の再燃を予防すると共に、離床への援助と再発を防止していく。
    乳幼児の場合は、特に症状の変化が激しく進行が速いので、全身状態の観察やバイタルサインに注意する。
    患児の入院生活を取り巻く環境に配慮する。
             O
            ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。