尿失禁による身体症状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数389
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    尿失禁による身体症状
    高血糖状態は,好中球やマクロファージの食菌作用や異物の認識作用を阻害し,免疫が低下し、感染症に罹患しやすくなります。
    また神経障害が感染・悪化の一因になる。神経障害があると痛みを感じる神経も障害されるので、症状が現れにくく、感染症に気付くのが遅れ、その間に病気が進行してしまいます。
    皮膚の汚染
    尿失禁による身体面の障害としては、まず尿による陰部、臀部の皮膚の汚染があげられる。
    長時間にわたって尿による湿潤状態が続くと、皮膚は発赤、びらん、かゆみ、あるいは褥瘡の形成につながる。また、陰部、腎部の汚染は、尿路感染を誘発しやすい。
    脱水
    高齢者は、加齢に伴い体内総水分量が減少し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。