尿失禁テスト(パッドテスト)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数773
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定時間看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    尿失禁テスト(パッドテスト)
    目的
    一連の動作の中で、どれくらい尿失禁があるかを調べる
    対象
    主に腹圧性尿失禁の患者
    必要物品
    微量重さ測定器、椅子、(時計)
    患者に準備してもらうもの:尿パッド、飲み物(お水、お茶、ジュースなど)500ml、時計
    方法
    患者にパッドテスト施行1~2時間前から排尿しないでもらう。
    尿パッドの重さを量る。
    患者に尿パッドを装着してもらい、開始する。
    開始後すぐに500mlを飲水する。その後、15分間安静にする。
    30分間歩行を続ける。その間に、階段の昇り降りを1階分いれる。
    椅子に座る、立つを10回繰り返す。
    10回、強く咳き込む。
    1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。