動脈瘤患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,512
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    動脈瘤(胸・腹部)疾患患者の看護
     < 看 護 >



    標 破裂助長因子である高血圧に対する血圧のコントロ-ルが十分できる。
    痛みが軽減し不安が緩和する。
    ストレスなく安静保持ができ合併症を予防できる。 看





    ト 血圧のコントロ-ル
    心身の苦痛の緩和
    合併症の予防           O           T       E   備    考 1)圧迫、閉塞症状の有無と程度
      下肢動脈拍動の有無
     冷感、しびれ感、チアノ-ゼ、麻痺、嘔気、
      腹痛、腹部膨満、尿量、尿の性状
     脈拍欠如、脳脊髄性神経症状
    2)疼痛の部位、程

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                         動脈瘤(胸・腹部)疾患患者の看護
     < 看 護 >



    標 破裂助長因子である高血圧に対する血圧のコントロ-ルが十分できる。
    痛みが軽減し不安が緩和する。
    ストレスなく安静保持ができ合併症を予防できる。 看





    ト 血圧のコントロ-ル
    心身の苦痛の緩和
    合併症の予防           O           T       E   備    考 1)圧迫、閉塞症状の有無と程度
      下肢動脈拍動の有無
     冷感、しびれ感、チアノ-ゼ、麻痺、嘔気、
      腹痛、腹部膨満、尿量、尿の性状
     脈拍欠如、脳脊髄性神経症状
    2)疼痛の部位、程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。