動脈内留置カテーテル(Aライン)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数45,048
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定合併方法血圧波形目的感染看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    動脈内留置カテーテル(Aライン)
    目的
    動脈にカテーテルを留置し、モニターに接続することにより持続的に血圧や脈拍などの血行動態を把握したり、動脈血の検査を頻回に測定するといった診断目的が主である。またこの他にも悪性腫瘍に対するAラインを通じての抗癌剤の注入や、血液透析のルートとしての使用など治療目的で挿入されることもある。さらに広義には動脈塞栓術、血管形成術、大動脈バルーンパンピングなどのために動脈への挿入したカテーテルも含まれる。
    適応
    重症患者でバイタルサインの連続モニタリングが必要な患者
    経時的な採血検査が必要な患者
    四肢の損傷によりマンシェットによる血圧測定が不可能な患者
    必要物品
    カテーテル(スーパーキャス20G・22G、八光針、ジェルコ24G)、加圧バッグ、イントロデューサーキット、ソルラクト、ノボ・へパリン(3000~5000E)、注射器、テガダーム、べガフィックスC、皮膚消毒用イソジン、コッヘル2本、1%キシロカイン、固定具(シーネ)
    方法
    患者にAラインの必要性を説明し、挿入することを伝える。
    穿刺予定の動脈拍動を確認し、その周囲をイソジンにて消毒する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。