冷罨法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,716
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療看護実習医・薬学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    冷罨法の目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    冷罨法(氷枕)
    目的:頭痛や発熱時あるいは悪心・嘔吐の症状を和らげ、不快感を軽減する
    必要物品:氷枕およびカバー(タオル)、氷、スコップ、ボール
    手順・方法 留意点 根拠 1 必要物品の用意をする
    2 氷枕に水を入れ口金を閉じ、逆さにして水漏れがないか確認して水を捨てる
    3 スコップで氷をすくい、氷枕の中に氷を2/3ほどいれる
    4 栓を閉め、逆さまに振って栓からの漏れや破損の有無を確認し、湯を捨てる
    5 湯を湯たんぽの2/3程度いれる
    6 空気を抜き、口金を止める
    7 カバー(タオル)をつける
    8 氷枕は口金の部分が顔に当たらないよう向く側と反対にしておく。また肩を冷やさないように注意して後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。