高吸収性ポリマーと生分解性ポリマーの構造

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,342
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?)概要 高吸収性ポリマーと生分解性ポリマーの構造を理解し、とのような構造で、どのように性質に表れてくるかを示し、比較する。
    ?)高吸収性ポリマーと生分解性ポリマーとは?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高吸収性ポリマーと生分解性ポリマー
    Ⅰ)概要     高吸収性ポリマーと生分解性ポリマーの構造を理解し、とのような構造で、どのように性質に表れてくるかを示し、比較する。
    Ⅱ)高吸収性ポリマーと生分解性ポリマーとは?
    (ⅰ)高吸収性ポリマー:高い水分保持性能を有するように設計された高分子製品。自重の数十倍から数百倍の水を吸収、保持することができる。
    (ⅱ)生分解性ポリマー:生分解性ポリマーとは、使用時は従来と同じ様な機能を保ち、使用後は自然界の土や水中に生息する微生物の働きによって、環境に悪影響を与えない低分子化合物分解され、最終的には水や二酸化炭素に分解されるもの。
    Ⅲ)高吸収性ポリマーと生分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。