施設養護の機能と内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,262
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    施設養護の機能と内容について述べよ。

    児童憲章第2項では、「全ての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術とをもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これに変わる環境が与えられる」とされている。
    家庭を無くして一人では生活できない者や親が児童の取り扱いを誤り、家庭では健全に育成できなくなった場合など、施設に入所してくる子どもの多くは、幼少期から不安定な環境の中で、遊びの楽しさや家族との団欒の喜びを知らずに育ってきている場合が多い。施設が児童にとって、家庭に代わる場として、生活に密着した養護機能を持っていなければならない。
    施設で中心となる養護機能とは、生活指導などを含む教育機能である。職員の生活指導の目標を以下に述べる。
    ?情緒の安定〜職員が暖かく接し、児童の自信を回復させ、児童本来の姿に戻す。精神的打撃や心の葛藤への働きかけと家庭的雰囲気づくりが大切になる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    施設養護の機能と内容について述べよ。
    児童憲章第2項では、「全ての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術とをもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これに変わる環境が与えられる」とされている。
    家庭を無くして一人では生活できない者や親が児童の取り扱いを誤り、家庭では健全に育成できなくなった場合など、施設に入所してくる子どもの多くは、幼少期から不安定な環境の中で、遊びの楽しさや家族との団欒の喜びを知らずに育ってきている場合が多い。施設が児童にとって、家庭に代わる場として、生活に密着した養護機能を持っていなければならない。
    施設で中心となる養護機能とは、生活指導などを含む教育機能である。職員の生活指導の目標を以下に述べる。
    ①情緒の安定~職員が暖かく接し、児童の自信を回復させ、児童本来の姿に戻す。精神的打撃や心の葛藤への働きかけと家庭的雰囲気づくりが大切になる。
    ②身体的成長と健康を守り育てること~健康であるから心身共に健やかな成長が望める。保健衛生と安全対策に万全を期することが必要である。
    ③基本的生活習慣の形成~児童の年齢に応じた基本的生活習慣の確立により、彼らの生活行動の進展を図る..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:04 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。