裁判員制度導入の意義と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,854
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学裁判員司法憲法法律陪審

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    「裁判員制度導入の意義と課題」
                        
    1.裁判員制度導入の理由・経緯
    2.制度の具体的内容
    3.裁判員制度の問題点
    4.裁判員制度に関する私見

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「裁判員制度導入の意義と課題」
                        
    1.裁判員制度導入の理由・経緯
     現行では資格を持った裁判官が法律の下に判決を下している。しかしながら近年、世間を揺るがすような凶悪な事件や、青少年による犯罪が多発し、現行の法律による判断では不足であるとの声が被害者家族や世論から次々と上がっている現状がある。そこで、国民の皆さんが裁判に参加することによって、法律の専門家ではない人たちの感覚が、裁判の内容に反映される、といわれるように、客観的に判断される裁判官の判断に、国民の世論と言う名の主体的な意見を取り入れ、より善と悪の観念を裁判という場に取り入れようというものである。また、国民の裁判への参加によって、国民の裁判への理解を深め、司法の信頼を深めようとする意図も含まれている。
    2.制度の具体的内容
     国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい、被告人が有罪かどうか有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう、といわれるように、裁判員制度は、現在のところ刑事裁判にのみ適用され、裁判官3名に裁判員6名によって裁判を行うものである。この裁判員は..

    コメント1件

    chaos 購入
    参考にさせていただきました。
    2008/08/24 13:01 (8年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。