組織の発生要因と規模の決定要因

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数105
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織経営

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    序論
    本論文では、組織の発生について考察する。つまり、組織が発生する理由を考察し、また組織規模がどのような要因によって決定されるのかについても考察することにしよう。
    組織の誕生と成長
     複雑な組織は上位から下位へと発達したという考えや、成長に変わって全体を分割するプロセスによって生じたと考えるのは間違いである。確かに、歴史から学習するならば、上位が分割されることによって下位が生じたと分析することができる。しかし、その上位組織が、上位組織になる前の歴史に記されない時期が存在するのである。したがって、何が実際の起源かは現在生じていることからしか推測することはできず、また成長のプロセスはどんなものかも同様である。
     新しい組織は、(a)自然発生的か、(b)個人的な努力の直接的な結果、(c)親組織から派生、(d)既存組織の分離の4つの理由から生じると言える。以下ではその4つについてそれぞれ見ていくことにしよう。
    (a)自然発生的な組織
     自然発生的な組織はリーダシップや主導権を誰ももつことなく、二人以上の人々が同時に成果に貢献したり、共通の目的を達成したりする時に生じる。家族や、偶然の出来事と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。