第一章組織における外部の観点

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数71
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一章 組織における外部の観点
    ■本書の目的と第一章の目的
     本書の中心的なテーマは行動の文脈が組織行動に与える影響を理解することである。こうした観点は、(1)組織を理解しようとする人だけでなく、(2)組織を扱い、管理しようとする人にとっても重要な観点である。組織は環境に適応するということは一般的に言われているにもかかわらず、組織に関する文献の多くが文脈の重要性を認識していない。本章の目的はこのことに注意を促し、また文脈的な要因を無視し続ける理由を考察することにある。
    概観
    ■本書の目的
     組織について論じた本の多くは組織の存続を前提としている。しかしながら、実際には組織の存在意義は常に問われており、生存は不確実なものとして捉えられている。したがって、本書では組織の生存を確実なものにするために、マネジャーは何をすべきかについて論じることにする。
    ■本書の立場―有効性の重視
     本書の立場は、組織は有効である限りにおいて存続するというものである。その有効性は需要をうまく満たすことや、それに必要な資源を獲得し維持する能力に依存する。資源を獲得するために外部と取引を行う必要がある。
     <具体例..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。