特別支援学校における学校図書館の教育課程展開への寄与について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数476
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    従来の「特殊教育」から障害のある児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて適切な教育的支援を行う「特別支援教育」への転換期を迎え、特別支援学校(盲・聾・養護学校)における学校図書館の役割も今以上に重要なものになってくると考える。特別支援学校において「学校図書館が教育課程の展開に寄与する」ということについて考察してみたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の「特殊教育」から障害のある児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて適切な教育的支援を行う「特別支援教育」への転換期を迎え、特別支援学校(盲・聾・養護学校)における学校図書館の役割も今以上に重要なものになってくると考える。特別支援学校において「学校図書館が教育課程の展開に寄与する」ということについて考察してみたいと思う。
    特別支援学校において「学校図書館が教育課程の展開に寄与する」のは二つの側面があると考える。一つは教師を助ける機能であり、もう一つは児童生徒の学習を助ける機能である。
    一つめの「教師を助ける機能」とは、教師が授業を展開するのに必要な資料や情報を提供する図書館の役割のことである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。