アメリカの戦争

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数749
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回の米国史概論のレポートでは、以前、授業でも取り上げられ、興味を持ったアメリカ史の中で比較的近年に起きた二つの戦争、ベトナム戦争とイラク戦争について書こうと思う。
    ベトナム戦争とは、1960年代初頭から1975年4月30日までベトナムの地で繰り広げられた、南ベトナムと北ベトナムとの武力衝突をいう。
    しかし、戦争の実体は南ベトナムを支援したアメリカと北ベトナムを支援したソ連、中国との政治戦略的な戦争といえる。
    アメリカは、ケネディ、ジョンソン、ニクソンと3代の大統領が関与し1,500億ドルの巨費とピーク時には年間54万人の軍人を派遣し、国の威信をかけて挑んだ戦争であった。結果はといえば、北ベトナム側の勝利に終わりアメリカ軍はベトナムの地から撤退を余儀なくさせられたのである。この戦争には、アメリカからの経済援助とひきかえに各国の国策のもと、韓国、タイ、オーストラリア、ニュージーランド及びフィリピンから兵士が送り込まれた。
    この戦争の犠牲は大きく、撤退したアメリカ軍でさえ5万8千人以上の戦死者を出してしまった。南北ベトナム人民に至っては200万近い人が犠牲になったといわれている。そして、大量に空中散布された枯葉剤の後遺症、特にダイオキシンの影響が、四半世紀近くたった今でも残っているのである。
    この戦争の特徴の一つに、戦争の前線が存在しなかったことが上げられる。戦闘は南ベトナム領内のあちこちで発生した。北ベトナム側は、米軍およびマスコミがベトコンと呼んだ南ベトナム解放民族戦線を中心に南ベトナム領土内でゲリラ戦を展開していた。敵を待ち伏せ、短時間の攻撃を仕掛けた後、さっと引き上げるといった戦略であった。軍隊同士の正面切った戦いではなく、地の利を活かした小競り合い的な戦闘が多かったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの戦争
    今回の米国史概論のレポートでは、以前、授業でも取り上げられ、興味を持ったアメリカ史の中で比較的近年に起きた二つの戦争、ベトナム戦争とイラク戦争について書こうと思う。
    ベトナム戦争とは、1960年代初頭から1975年4月30日までベトナムの地で繰り広げられた、南ベトナムと北ベトナムとの武力衝突をいう。
     しかし、戦争の実体は南ベトナムを支援したアメリカと北ベトナムを支援したソ連、中国との政治戦略的な戦争といえる。
     アメリカは、ケネディ、ジョンソン、ニクソンと3代の大統領が関与し1,500億ドルの巨費とピーク時には年間54万人の軍人を派遣し、国の威信をかけて挑んだ戦争であった。結果はといえば、北ベトナム側の勝利に終わりアメリカ軍はベトナムの地から撤退を余儀なくさせられたのである。この戦争には、アメリカからの経済援助とひきかえに各国の国策のもと、韓国、タイ、オーストラリア、ニュージーランド及びフィリピンから兵士が送り込まれた。
     この戦争の犠牲は大きく、撤退したアメリカ軍でさえ5万8千人以上の戦死者を出してしまった。南北ベトナム人民に至っては200万近い人が犠牲になったとい..

    コメント1件

    kanako20 購入
      
    2007/01/19 12:13 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。