学校教育の養護・保護機能と選抜・配置機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,186
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?まず、「養護・保護機能」について説明する。人は生後長期間、養護・保護を必要とする。学校が普及していなかった頃は、両親を中心とする家族がその役割を担っていた。しかし、小学校教育が普及し義務化されるようになり、また両親が子どもの養護・保護のできない家庭が増えてくると、日中の一定の時間、子どもの養護・保護は学校の手にゆだねられるようになった。学校とは、多くの子どもたちにとって、遊びの場でもある。その中で、どのような怪我や事故が起こるかわからない。そこで学校は、養護・保護の機能を担っていたのである。法律が、養護・保護機能を果たすように学校に求めたわけではないが、学校側はそのような機能を果たしてきた。今日でも、形態や方法は多少変化しているが、同様の機能を果たしているといえる。特に、両親が日中家に不在となる状態が一般的になるにつれて、子どもの養護・保護にとって、学校は不可欠な存在となってきているのである。
    次に「選抜・配置機能」について説明する。昔の日本では、生まれながらにして、社会的身分、階層が決まっており、子どもの選抜に学校が関与することは、少なかった。しかし、時代は流れ、封建社会が崩れてくると、それに伴って社会階層や身分構造が崩れた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校制度と社会 第二分冊
    ○①テキストに基づいて、学校教育の養護・保護機能と選抜・配置機能について説明し、②それらの機能が今日どのような状況にあるか、あなたの考えを述べよ。
    ①まず、「養護・保護機能」について説明する。人は生後長期間、養護・保護を必要とする。学校が普及していなかった頃は、両親を中心とする家族がその役割を担っていた。しかし、小学校教育が普及し義務化されるようになり、また両親が子どもの養護・保護のできない家庭が増えてくると、日中の一定の時間、子どもの養護・保護は学校の手にゆだねられるようになった。学校とは、多くの子どもたちにとって、遊びの場でもある。その中で、どのような怪我や事故が起こるかわからない。そこで学校は、養護・保護の機能を担っていたのである。法律が、養護・保護機能を果たすように学校に求めたわけではないが、学校側はそのような機能を果たしてきた。今日でも、形態や方法は多少変化しているが、同様の機能を果たしているといえる。特に、両親が日中家に不在となる状態が一般的になるにつれて、子どもの養護・保護にとって、学校は不可欠な存在となってきているのである。
     次に「選抜・配置..

    コメント4件

    guanyu 購入
    ari
    2007/06/06 11:02 (9年6ヶ月前)

    springs758 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2007/06/16 23:39 (9年6ヶ月前)

    usi0375 購入
    参考になりました
    2007/08/31 13:54 (9年3ヶ月前)

    himawari1019 購入
    とても参考になりました。
    2007/10/16 17:02 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。