ラテックス粒子を用いた尿中hCGの検出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,236
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4回
    ラテックス粒子を用いた尿中hCGの検出
    実習日 2007/05/10
    目的
    ラテックス凝集反応を利用し、尿中hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の検出を行う。
    原理
    抗hCG抗体を感作させたラテックス粒子試薬をhCGを含む尿中に加えると、ラテックス粒子とhCGによる凝集反応が起こる。凝集を肉眼で観察し、hCGの検出を行う。
    器具
    反応板
    ろ過管付ピペット
    ゴム球
    攪拌棒
    検体
    妊婦の尿 3本
    方法
    ろ過管付ピペットで尿を吸い取り、ろ過管を外して反応板に2滴滴下した。
    緩衝用試薬1滴、ラテックス試薬1滴を反応板に滴下した。
    攪拌棒で液を枠内いっぱいに広げ、液が枠内を回るように3分間揺り動か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。