売買契約と賃貸借契約の異同

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数605
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学民法契約売買賃貸借総則

    代表キーワード

    民法法学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「売買契約と賃貸借契約の異同」
     売買契約と賃貸借契約は、ともに有償・双務・諾成契約である。しかし、売買契約は、売主が財産権を買主に移転し、買主はその対価である金銭を支払う契約である(民法555条)のに対し、賃貸借契約は、当事者の一方が相手方に物を使用収益させることを約して、相手方が対価に金銭の支払いを約する契約である(民法601条)。よって、売買契約が財産権(物だけでなく権利等も含む)を対象にしていることに対して、賃貸借が物を対象にしているという点が異なっている。さらに、賃貸借の物とは原材料やガス・電気等の使用によってその性質が変化する物や、消滅する物を含まないのではないかだろうか。現実の賃貸借の状況から私はこのように考える。また、売買と賃貸借の差異は所有権の範囲にあるのではないかと考える。売買における取引の対象は所有権の全般である。そして、所有権の範囲は使用・収益・処分である(民法206条)。これに対して、賃貸借は民法601条の文言どおり対象が所有権の中の使用・収益のみをなる。そのため、賃貸借は使用・収益により物自体を処分することとなる対象には契約が不可能であり、また、契約が成立し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。