植物からのDNAの抽出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,579
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    植物からのDNAの抽出
    実験日 6月8日、9日
    目的 植物組織からのDNA抽出に広く使われているCATB法で、遺伝子導入タバコと野生型タバコの2種類からDNA抽出を行う。電気泳動により、DNAの抽出を確認する。
    実験材料
    ・0.5M EDTA ・CTAB ・クロロフィルム/イソアミルアルコール
    ・イソプロピルアルコール ・80%エタノール ・βメルカプトエタノール
    5M NaCl ・TE ・抽出バッファー(2%CATB、1.4M NaCl、20M EDTA、100mM Tris-HCl(8.0)、100mM βメルカプトエタノール)
    実験方法
    遺伝子導入タバコと野生型タバコのそれぞれの葉1枚を乳鉢に入れ、抽出バッファーを2ml加えた。乳棒でよくすりつぶした。
    次のように試薬を調整し、マイクロピペッターでエッペンチューブに1ml入れた。
    10% CATB 600μl 5M NaCl 840μl
    0.5M EDTA 120μl 1M Tris-HCl(8.0) 300μl
    14.4M β-メルカプトール20μl 滅菌水1120μl
    恒温層を使い、60℃で15分保温した。
    1mlのクロロフォ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。