地熱発電とエネルギー問題の解決

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数965
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地熱発電とエネルギー問題の解決
    1.地熱発電
    ・地熱発電の仕組み
    地熱発電の方法は「対流型地熱発電」と「高温岩体型地熱発電」の2種類がある。対流型地熱発電とは、地下のマグマで熱せられた高温の地下水や蒸気を、地下に掘削した坑井から地上に取り出し、タービンを回して電気を作り出す技術である。
    次に高温岩体型地熱発電とは、地下深くのマグマから伝わる熱で熱くなった地層(高温岩体)に人工的に水を注入し、蒸気や熱水にして発電する技術で、地下水のない場所を利用できるため建設適地が広がる。
    ・実用化の現状
    2種類の発電方法のうち、現在利用されているのは、前者の対流型地熱発電であるが、火山の多くは国立公園で開発できないなど、適地に限りがあることや、熱い地下水がある場所でしかできないなどの理由のために開発が進んでいない。そこで考案されたのが、高温岩体型地熱発電である。この技術は現在開発中でコストの問題などによりまだ実用化はされていないが、早ければ数年で最初の高温岩体発電所が造られ、10~20年で実用化が進むだろうと言われている。
    ・実際に実用化している国や自治体の状況
    日本には、2002年8月現在で、18個..

    コメント1件

    btf1010 購入
    授業レポートの参考にさせていただきました。ありがとうございました!!
    2007/07/08 23:45 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。