これからの新聞はどうなるのか

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数358
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    これからの新聞はどうなるのか
    1. 新聞の存在は
     日本の新聞はこれからどうなるか。情報伝達の速さ、正確さが求められるニュース配信メディアとして、新聞は「速さ」という点でテレビ、インターネットに見劣りしているのは明らかである。電波で飛ばすわけでも通信回線を使うわけでもなく、実際に新聞「紙」として情報を届ける新聞は印刷し配送するコストがかかり、環境負荷もかかる。
    インターネットの普及により、情報は「タダ」で手に入るという概念が育ち、誰もが情報を気軽に発信できるようになってきた。新聞のあり方が大きく変わる必要があるだろう。
    現在の新聞社の形態から考える
     新聞は雑誌などと異なり、フリーランスの記者の記事はあまり載らない。新聞記事の構成は通信社からの配信記事、作家などの原稿を除いたほとんど全ての記事を自社の社員記者が執筆している。
    さらに新聞社は編集部門の従業員を、「記者」としてよりもその社の「社員」として扱い、公益以上に社の利益に忠実であるように教育しているのではないかという批判もある。組織ジャーナリズムの姿勢が報道機関としての役割を損なっているという批判だ。
    記者がフリー化した場合、報道..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。