HIV患者の学習権と人権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数428
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    HIV・エイズ患者の学習権と人権
    学習権とは
    学習権は教育を受ける権利や、教育への権利と呼ばれ、学習し発達する者の権利である。
    この学習権というものは、成長過程にある子どもや青少年にとっては成長、発達する権利となり、学習権の意味は大きいと言える。それぞれの発達段階に応じた適切な学習が保障されていないと、学習者の人生を左右し、その他の享受すべき人権を得られない可能性がある。
    HIV、エイズについて
    AIDSとは(Acquired ImmunoDeficiency Syndrome)後天性免疫不全症候群。病原体は HIV 。性交・輸血・血液製剤の使用などで男女とも感染する。免疫機構が破壊され、通常なら発病しない細菌やウイルスでも発病し、カポジ肉腫など悪性腫瘍を合併する。死亡率が非常に高い。
    特徴としては、感染力が極めて弱く、性交や分泌物、血液に触れなければほとんど感染しない。
    昭和62年頃にはエイズパニックにより血友病がエイズであるという誤った図式や、同性愛者、外国人などに対する不当な差別もあった。
    日本における、HIV感染者数は増加傾向にある。 過去と比較すると、売春、輸血による理由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。