心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数739
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートでは人の<社会性の発達的変化に>ついて述べる。まず<乳幼児期>においては、<乳児期>で養育者との関りの中で基本的信頼感を確立した後、<幼児前期>になると食事・排泄・睡眠・清潔・着衣といった基本的生活習慣の確立により社会化が始まる。そして<幼児後期>になると社会化はさらに進み、家庭の外での遊び仲間との交友関係において協力・競争などがうまくできるようになってくる。
    次に<児童期>についてだが、この時期では学校生活を中心とする集団的状況に適応でき、人と協調して行動ができるようになってくる、また人のためになることを自発的に行う、向社会的行動をとるようになるなど、社会的な行動能力が発達していく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。