老人福祉論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数371
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在日本は急速な小子高齢社会を迎えている。平成15年の高齢化率は19.0%であり。平成27年にはこれが26.0%と推計され、国民の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎えることになる、一方少子化も進んでおり平成17年の出生率は1.26まで減少している。
     その結果として如何に平均寿命が世界一とはいえ、伸びきってしまった平均寿命の社会では出生よりも死亡が増え総人口も減っていく事となる。
     少子化の原因としては未婚率の上昇と既婚者の出生力低下があるがこの背景としては豊かさを追い求める社会的風潮に一因があると考えられる、すなわち社会全体の生産力としては維持または落ち込んでいるが、生活水準は維持も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。