社会保障論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006年の医療保険制度の主な改正点は①出産育児一時金の引き上げ②埋葬料の見直し③70歳以上の人の入院時の食費・居住費の見直し④現役並みの所得のある70歳以上の人の窓口負担の見直し⑤高額療養費の自己負担限度額の見直しある。①以外は基本的には高齢者にも負担を求めていくといった内容となっている。
     先ず①の出産育児一時金の引き上げだが、現在少子高齢化が問題となり子供を生まない世帯が増えてきている現状があるなか、例え5万円でもこれによる効果はあると考える、今までは30万円の支給であったが実際のところは出産費用はそれ以上にかかっているのが現実である、これから子供を作っていく世帯にとってはこの改正は気分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。