介護概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数564
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホームヘルパーが廃止され介護福祉士が在宅介護を担うことにより起こる変化として、まず第一に訪問介護事業所の経営の変化が起こると考えられる、またその中で最も大きな問題は従業員の確保であると思われる。
     今現在訪問介護事業所の従業員の大部分はホームヘルパー2級を有するパートタイマーの形式で働いているからである、その中にはまだ経験年数が少ないヘルパーも少なくはない、よって今後ホームヘルパーが廃止されて介護福祉士の資格が必要となった際にはこれらのパートタイマーの従業員は介護福祉士の資格を取るかもしくは離職するかの選択を迫られる、例えば介護の仕事にやりがいを感じこの仕事を続けていきたいと考える人であれば迷..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。