老人福祉論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数240
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度により従来では市町村自ら、またはその委託を受けたものに限られてきた福祉サービスの提供主体を民間企業などの多様な主体に拡げることになった。
     このことによって利用者は、それぞれの事業所のサービス内容について検討し自分の判断で利用出来るようになったことにこの制度の意義があると思われる、また従来からの高齢者に対する介護サービスは医療と老人福祉、老人保健の3つの異なる制度で行われており、これにより利用手続きや費用負担の面で不均衡となっていることや利用者の立場に立
    った総合的なサービス提供、効率的なサービス提供など色々な問題が生じていたものを介護保険制度ではケアマネジャーという役割を創設し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。