金属錯体の吸収スペクトル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,205
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金属錯体の吸収スペクトル
    1、目的
      分光光度計を用いてNi2+水溶液及びNi(Ⅱ)エチレンジアミン錯体([Ni(en3)]2+)の水溶液の吸収スペクトルを500㎚~900㎚の範囲で測定し、それぞれの最大波長λmaxとモル吸光係数εを求める。また、λmaxでの吸光度Aを濃度に対してプロットし、Lambert-Beerの法則に従うことを証明する。またCu(Ⅱ)イオンについても同様の実験を行う。
    2、装置・器具・試薬
      自記分光光度計、50mlメスフラスコ4個、5mlホールピペット1本、10mlホールピペット1本、5mlメスピペット1本、駒込ピペット1本、吸光光度計用ガラスセル4個、安全ピペッター
      1M Ni(NO3)2水溶液、50%エチレンジアミン、0.1M CuSO4水溶液
    3、操作
      操作A [Ni(H2O)6]2+の吸収スペクトル
       1M Ni(NO3)2水溶液4ml、3ml、2ml、1mlをメスピペットでそれぞれ別々の50mlメスフラスコ
      にとり、脱イオン水を加えてそれぞれ50mlにした。
       セルを脱イオン水でよく洗い、キムワイプで水分をよくふき取った後、1..

    コメント3件

    hvidkanin 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2007/01/29 22:12 (9年10ヶ月前)

    kentaro1214 購入
    参考になりました。
    2007/02/03 18:37 (9年10ヶ月前)

    x_hossy_x 購入
    参考になりました。
    2007/03/05 8:51 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。