フナムシの歩行様式

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数523
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フナムシの歩行〜敵は常に自分の中に〜
    目的:フナムシの歩行パターンを観察しその制御機構や意義について考察する。
    材料:フナムシ Ligia exotica Roux
    用具:アルミホイル 定規 ビニールテープ ハサミ 採集用バケツ 懐中電灯 修正液
    実験方法
    1.Ⅰ図のような歩行路をアルミホイルで作成する(AB、BC間の       距離は各10cm、歩行路の幅は2cm壁高は3cmとする。)
    2.B点の上側を閉じ、A点からフナムシを出発させる。C点で左       右どちらに向かうかを観察する。
    3.B点の下側を閉じ、A点からフナムシを出発させる.C’点で左       右どちらに向かうかを観察する。
    4.B点の上側を閉じ、A点からフナムシを出発させる。D点で左       右どちらに向かうかを観察する。
    5.B点の下側を閉じ、A点からフナムシを出発させる。D’点で左       右どちらに向かうかを観察する。
    6.Ⅱ図のような歩行路をアルミホイルで作成する。
    7.C点の角度をθ=120°にし、Start地点からフナムシを出発させる。C点で左右どちらに向かうかを観察する。
    8.C点の角度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。