花粉管の先端成長と原形質流動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,604
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    花粉管の先端成長と原形質流動
    1、目的
     花粉管の先端成長の速度の測定と原形質流動を測定し、その相関性を調べる。
    アクチン脱重合剤に対する流動速度の変化の観察や、アクチンを蛍光染色し顕微鏡で観察することで、原形質流動の仕組みを推測する。
    2、方法
    先端成長について
     ・伸長中の4本の花粉管について光学顕微鏡で観察し、先端成長の速度を
    測定した。
     ・伸長中の花粉管に純粋処理をした。
    原形質流動について
     ・花粉管を発芽させ、顕微鏡でその原形質流動のパターン、速度を3ヶ所
    (基部、中間部、先端部)で調べた。流れが両方向ある場合は、速度は
      両方について調べた。
     ・花粉管に0.1μlのラトランキュリンB(アクチン脱重合剤)を含む溶液に  
    マウントして、流動のパターン、速度の変化を観察した。
     ・伸長中の花粉管をホルマリン固定して、蛍光標識したファロイジン(F-
      アクチンに特異的に結合するキノコ毒)で染色し、蛍光顕微鏡で観察した。
     ・伸長速度の違う2本の花粉管の原形質流動速度を調べた。
    3、結果
    先端成長について
     ・4本の花粉管の先端成長の速度を下表に示す。
             ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。