「ゆとり教育」政策と「学力低下」問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,643
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学教育ゆとり学力低下

    代表キーワード

    教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ゆとり教育」政策と「学力低下」問題について
    ゆとり教育とは中等教育において「詰め込み教育」に対する改善策として提唱された教育の方針である。
    1976年詰め込み教育の批判に対応して、文部省が「ゆとりと充実」という学習内容の削減を提言した。これ以降、「学校5日制」の実施を決め、学習内容を厳選し各教科の指導内容が削られていくとともに、小学校では教科「生活」が新設され、中学校では選択教科が拡大され、小学校から高等学校まで全ての段階で体験を重視した問題解決的な学習を学校に取り入れるため、「総合的な学習の時間」を導入した。
    しかし、ゆとり教育が学力低下を引き起こすのではないかという危惧が多くの知識人やマ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。