アメリカの教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数766
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカの教育ほど「多様」という言葉があてはまるものはない。アメリカは州によって法律が違うので、教育のシステムも各州で異なっている。また、授業も日本のように画一的、統一的な指導要領、方法ではなく、学生が希望する進路に基づいて教育するといった内容になる。アメリカの教育は個人の個性を尊重すること、将来の職業に役立つ教育をする事の2つを柱にしている。
    多様だからこそアメリカは様々な試行錯誤を繰り返してきた。もちろん成功した事例もたくさんあるが失敗した事例もたくさんある。また、教育改革をした結果が成功だからといってそれが完璧な教育方法だということではないだろう。もし完璧な教育改革が過去にあったならば

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの教育ほど「多様」という言葉があてはまるものはない。アメリカは州によって法律が違うので、教育のシステムも各州で異なっている。また、授業も日本のように画一的、統一的な指導要領、方法ではなく、学生が希望する進路に基づいて教育するといった内容になる。アメリカの教育は個人の個性を尊重すること、将来の職業に役立つ教育をする事の2つを柱にしている。
    多様だからこそアメリカは様々な試行錯誤を繰り返してきた。もちろん成功した事例もたくさんあるが失敗した事例もたくさんある。また、教育改革をした結果が成功だからといってそれが完璧な教育方法だということではないだろう。もし完璧な教育改革が過去にあったならば各国で真似をすればいいのである。
    しかし、教育というものは人間相手であり、その時代の社会の影響を受けている。だからこそ、その時代にあった教育改革をする必要がある。
    アメリカは過去に理数科教育に重点をおき、教育内容を現代化する改革を行ったが、期待していただけの結果がなかなか得られなかった。しかし、何度も改善していくうちに効果がでてきた。だが科学が日々進歩している現代においては今後も理数科目の成績向上が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。