福祉国家の思想と原理について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉国家

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ」
    福祉とは
     福祉とは社会全国民が幸福で安定した生活を営むこと。したがって社会福祉とは、個人や家族だけでは解決することができない生活上の問題や課題を解決していくことを目的とし社会的におこなう取り組みや住民自身による相互扶養や援助活動、住民の生活を支えることを目的とした政策・制度などの総称とも考えられる。
     日本国憲法第25条には、すべての国民は健康的で文化的な最低限度の生活を営む権利を有するとある。これは社会権の生存権であり、この考え方から社会福祉という言葉が使われるようになった。
     社会福祉の対象は個人ということになるが、考え方としては個人と社会制度の間に取り結ぶ社会関係の主体的側面の欠如(社会関係の不調和・社会関係の欠如・社会関係の欠如であり、社会福祉はこれらを調整する機能体系ととらえることができる。弱者や保護対象者からの主体視点にたって生活を築いていくように考えていくことが大事だとされている。
     まず第1に、基本的欲求を充足するということだ。睡眠や食事、排せつなどの生命維持するための条件を満たすことだ。従来の福祉領域では身体的・精神的・経済的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。