p-アミノ安息香酸エチルのアセチル化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,892
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    p-アミノ安息香酸エチルのアセチル化
    1.目的 
     p-アミノ安息香酸エチルをアセチル化する。
    2.方法
     p-アミノ安息香酸エチルを氷酢酸に溶解し、無水酢酸、酢酸ナトリウムを加え、析出した結晶をろ過する。
    3.使用試薬・使用器具
    表2.使用試薬
    試薬 分子量 比重 使用量 モル数(mol) ①p-アミノ安息香酸エチル 165.19   0.3600g 0.00218 ②氷酢酸 58.02 1.049 5mL 0.09 ③無水酢酸 102.09 1.08 2mL 0.021 ④酢酸ナトリウム 82.04   0.1978g 0.00241 ⑤エタノール 46.1      
    図2.使用器具
    4.操作及び観察
    ①p-アミノ安息香酸エチル(0.3600g)を氷酢酸(5mL)に溶解し,無水酢酸(2mL)を加えた.
    ②室温で撹拌しながら,酢酸ナトリウム(0.1978g)を除々に加えた.
    ③約一時間撹拌した後,氷水を加えて,析出した結晶を吸引ろ過し,収量と融点を測った.
    ④乾燥後,少量の温エタノールに溶解した(この時,ウォーターバスを用いた.)
    ⑤4に冷水を除々に加え,結晶化させ,析出した結晶..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。