1-1相対論はなぜ生れたか

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数473
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    相対論はなぜ生れたか?
    電磁気学にはすでにヒントが隠されていた。
    アインシュタインが初めじゃない
     相対性理論と聞けば、多くの人がアインシュタインを思い浮かべる。 私もそうだ。 その理論のほとんどを彼一人で完成させたためである。 しかし彼が特別に天才だったからというわけではない。 電磁気学の結果を調べていけば、時間はかかるだろうが大抵の人が同じ結論にたどり着く。 その証拠に有名なローレンツ変換式にはアインシュタインではなくローレンツの名前がついているではないか。  アインシュタインよりも前にその理論の下地はすでに出来ていたのである。
     当時の科学者たちは、ローレンツ変換から導かれる内容をそのまま受け入れることが出来ずに苦し紛れにいろんな小細工を考えた。 アインシュタインが天才だと言われる理由はその結果をそのまま受け入れたことによる。  その際、何を根拠にそれを受け入れるか、という哲学的な指針を与えた彼の論文は芸術作品のようである。
     アインシュタインの書いた相対性理論の論文の題名は「運動する物体の電気力学」である。 なぜ電気と相対論が関係しているのだろうか?  相対性理論は、文字通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。