5-2荷電粒子のハミルトニアン

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,229
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    荷電粒子のハミルトニアン
    とりあえずここまで。
    ハミルトニアンの求め方
     前回は荷電粒子の運動を記述するラグランジアンを求めた。 今回の計算のために具体的に書いておこう。
     ここで座標を で表し、速度を で表してある。 また計算を分かりやすくする都合上、前回とは違って i は 3N 個の座標成分を区別するために使っている。
     ここまで来れば以前と同じ手続きを使ってハミルトン形式に持って行くことが出来るのだが、復習も兼ねて丁寧にやってみよう。
     ハミルトン形式はラグランジアンを以下の式でルジャンドル変換することで正準方程式を満たすようにし、ついでに変数 を に置き換えることで実現できるので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。