「新編 教えるということ(大村はま)」を読んだ感想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,492
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育感想

    代表キーワード

    教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職入門レポート1
    「新編 教えるということ」 大村はま
    ■ P.22付近の、クラス担任を置かず学年担任のみを置くという制度
    □ クラス担任を置くことでそのクラスに愛着がわいたり、そこの生徒達を我が子のように考える ことで、意欲が向上したりということはあります。
    しかしそうではなく、あえて学年全体を大人数で見ることで「主担任」「副担任」とか、
    「学年補佐」というような概念を取っ払ってやる事が可能となり、担任の負担も減り生徒から 比較されることもなくという状況を生みました。
    何より、そのように今までの固定観念を取り払った発想を押し通す根性が素敵だと思います。
    このような発想はどの分野にも使える事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。