新司法試験論文解説平成21年民事法第1問

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    判例訴訟権利判決裁判責任利益効力基礎

    代表キーワード

    司法試験

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成21年 民事法第1問
    1.弁論主義、自白の拘束力
    (1)不利益な陳述(先行自白)の該当性
    「YはXに対して買取請求権を行使した」事実はXにとって不利益な陳述か?
    ○証明責任説
    Yに証明責任がある事実であることに鑑みるとXにとっての不利益性は認められる
    ○敗訴可能性説
    買取請求権行使が認められることによってXは自らの請求につき一部敗訴の結果を招来→不利益性認められる。
    (2)Yが否認した場合
    弁論主義の第1テーゼから、裁判所はこの事実を基礎とすることができる。
    but
    相手方が争う場合疑問有り
    ※権利抗弁(形成権、留置権、同時履行の抗弁権)の場合
    それらを基礎付ける客観的事実だけではなく、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。