刑法ケースブック第4章まとめ 過失

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過失犯〔CB第4章(第章)〕+各論①:公+ 2 共危険罪
    Ⅰ 刑法1の復習
    1 以下の言葉の定義を示しなさい。
    1)故意・過失・結果的加重犯(T.p101-,122-)
    故意…犯罪事実を認識し、その内容を実現する意思
    過失…不注意すなわち注意義務を怠る内心の態度
    結果的加重犯…基本となる犯罪から生じた結果を重視して、基本となる犯罪に対する刑よりも重い法定刑を規定した犯罪 ex.傷害致死罪
    ★設問01:結果的加重犯の構造は…?過失不要説は責任主義に反するか?
    行為者の予期しない重い結果についてのみ結果的加重犯が成立
    2)注意義務・具体的予見可能性・結果回避可能性(T.p123-)
    注意義務…①客観的注意義務:犯罪事実の発生を回避するために社会生活上必要となる適切な態度をとる
    よう注意する義務
         ②主観的注意義務:客観的注意義務違反の行為と犯罪的結果についての予見義務
    客観的予見可能性…一般人の注意能力を基準として結果の予見が可能であること
    客観的予見可能性は結果回避義務を導くものであるから、単なる危惧感・不安感ではたりず、一般人を結果回避へと動機付ける程度の具体的可能性が必要
    結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。