小説ノート18

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数126
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人間差別数学結婚言葉世界生活自分文字

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    博士の愛した数式 2008年02月19日 小川 洋子 数学の真理は、道なき道の果てに、誰にも知られずそっと潜んでいる。しかもその場所は頂上とは限らない。切り立った崖の岩間かもしれないし、谷底かもしれない 物質にも自然現象にも感情にも左右されない、永遠の真実は、目には見えないのだ。数学はその姿を解明し、表現することができる。なにものもそれを邪魔できない 目に見えない世界が、目に見える世界を支えているという実感が必要だった。厳かに暗闇を貫く、幅も面積もない、無限にのびてゆく一本の真実の直線。その直線こそが、私に微かな安らぎをもたらした。 自分にできるのは、ほんのちっぽけなことに過ぎない。自分ができるのならば、他の誰かにだってできる。博士はいつも、そう心の中でつぶやいている。
    パーティ 2008年02月19日 山田 悠介 心臓病と強盗
    鹿男あをによし 2008年02月02日 万城目 学 この世に存在する種のなかで、排泄と生殖を相手の面前で恥らうのは人間だけだ。それなのに、自分たちだけの習慣を他者に平気で押しつけてくる。それが万能だと信じて疑わない。失礼だって?これぞ人間の勘違いの極みだな。だ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。