小説ノート17

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数102
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会労働人間自由権利自分世界価値

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    つくもがみ貸します 2008年06月07日 畠中 恵 つくもがみ
    他人事 2008年06月07日 平山 夢明 「お茶。なにします」 「ジャスミン。熱く」
    砂の女 2008年05月31日 安部 公房 けっきょく世界は砂みたいなものじゃないか・・・・・・砂ってやつは、静止している状態じゃ、なかなかその本質はつかめない・・・・・・砂が流動しているのではなく、実際は流動そのものが砂なのだという・・・・・・どうも、上手く言えませんが・・・・・・ 労働を超える道は、労働を通じて以外にはありません。労働自体に価値があるのではなく、労働によって、労働をのりこえる・・・・・・その自己否定のエネルギーこそ、真の労働の価値なのです。 砂が流れることに対しては抵抗できないが、砂の秘密を調べることによって、「半永久的に」砂を征服することができる。征服は無理だろうと半分諦めても、調べること自体がなぐさみ物になる。
    青が散る 2008年05月16日 宮本 輝 「女は、どいつもこいつも、みんな賢そうでアホなんやなァ。それぞれがひとつずつ、どうしようもないけったいなアホな部分を持ってる」 どうしようもないけったいなアホ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。