小説ノート14

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども問題人間精神世界価値観男性自分姿勢価値

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブルーベリー 2008年11月05日 重松清 好奇心で食うのもいいけどさ、そういうのって、ちょっと違うと思うんだよな、俺。牛丼って、後悔とか自己嫌悪とか、これからどうしようって迷ってたりとか、明日から真面目になるぞって、できもしないこと思いながらとか……そういう気持ちと一緒に食わないとだめなんだよ。それがない奴には最初から牛丼食ってほしくないんだ、はっきり言って 同条と見栄は同じなんだ、と知った。 ナカムラくんにとっての「幸せ」は、僕たちに「おまえって幸せだよなあ」と言ってもらうことだった。バカだな。 でも、友だちの「幸せ」な姿だけを見ていたいと思う僕だって、バカだ。傷害のある子どもを持つことは「幸せ」じゃないんだと決めつけてしまう。身勝手で傲慢な男だ。 「美学」はどうすれば身につくか?それはその人その人の人生の豊饒の中から、自然に熟成してくるものです
    おめでとう 2008年10月24日 川上 弘美 タマヨさんが、もうあなたと二人では会わない、と言ったとき、ほんとうはあたしはすでにタマヨさんのことをすこし疎ましく思いはじめていたのだ。それを知っていたのに、知らないふりをして、ただタマヨ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。