小説ノート11

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども社会医療人間開発自分視点ロシア小児経験

    代表キーワード

    小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    死神の精度 2009年02月23日 伊坂 幸太郎 でも、たとえば、自分と相手が同じことを考えたり、同じことを口走ったりするのって、幸せじゃないですか」 「同じことを?」何だそれは。 「たとえば、同じものを食べた後で同じ感想を持ったり、好きな映画が一緒であったり、同じことで不愉快さを感じたり、そういうのって単純に、幸せですよね」 「幸せか?」 「大きく言ってしまえば、そういうのは全部、恋愛の範疇じゃないかって、僕は思うんですよ」 「人が生きているうちの大半は、人生じゃなくて、ただの時間、だ」 人間は、何を見ても人生と結びつけるのだ。 「ここはよ、川の上流、スタート地点だろ。それがこの滝だ。ここは派手だし、人も多いじゃねえか。それってよ、俺たちが生まれた時と似てねえか?俺たちも生まれた時はよ、こんなんだったんだろ?お祭り騒ぎでさ、人にも注目されてよ。みんなに喜ばれて。でも、それがどんどん流れていくうちに、今見てきたみてえな、地味で、ゆらゆら流れているだけになっちまう。何か、似てねえか?」 「たとえばさ、太陽が空にあるのは当たり前のことで、特別なものではないよね。でも、太陽は大事でしょ。死ぬ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。