判例百選民法Ⅱ(同順位の債権譲受人間における供託金還付請求権の帰属、いわゆる継続的保証)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数325
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    判例百選 民法Ⅱ
    同順位野債権譲受人間における供託金還付請求権の帰属 (最高裁H4.11.6)
    いわゆる継続的保証(根保証) (最高裁S39.12.18)
    同順位野債権譲受人間における供託金還付請求権の帰属 (最高裁H4.11.6)
    【位置づけ】差押と譲渡の競合と通知の先後
    【事案】
      X     A――債権譲渡――→Y
    差押  運送代金債権
    差押通知             譲渡通知
            B     
    ①AはBに対し運送代金債権を有していた
    ②XはAに対する租税債権を徴収するため①債権を差押→S60.9.24に債権差押通知がBに送達
    ③S60.9.24にYが①債権を譲受けた旨の確定日付ある上と通知がBに到達
    ④Bは債権者不確知として62万円を供託
    ⑤XはYに対し、④供託金の還付請求権の取立て権を有することの確認を求める
    ←Yの反論
    ・債権差押通知と債権譲渡通知が同時に到達した場合、差押債権者および債権譲受人は互いに債権者の地位にあることを主張できない
    ・仮に主張できるとしても、それぞれが債権を平等割合で分割取得する
    【1審】Xの本訴認容
    ・②③の到達の先後は不明で、きわ..

    コメント1件

    kyoto 購入
    ダウンロードしてみました。
    この程度の内容で525円は高いのではないでしょうか。試験には使えないですね。
    2010/06/27 20:18 (6年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。