判例百選民法Ⅰ(最高裁H2.1.22最高裁S38.9.17)]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数175
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    判例百選 民法Ⅰ
    法定地上権 一番抵当設定時土地と建物の所有者が異なっていた場合(最高裁H2.1.22)
    民法602条の期間を超える土地賃貸借と民法旧395条(最高裁S38.9.17)
    法定地上権 一番抵当設定時土地と建物の所有者が異なっていた場合(最高裁H2.1.22)
    法廷地上権の成立要件
    ①抵当権設定当時、土地の上に建物が存在すること
    ②土地と建物が同一の所有者に属すること←―――――――【位置づけ】②要件を満たす抵当権と
    ③土地・建物の一方に抵当権が設定されたこと            満たさない抵当権がある
    ④土地・建物の所有者が競売により異なるに至ること         場合について
    【事案】     D                 Y2利用 
             一番抵当権                2番抵当
                                   3番抵当
                                   4番抵当
     
       AB所有       B所有         Y1所有
     A所有        B所有        X所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。