テレビによるアメリカのメディア戦略

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数467
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テレビによるアメリカのメディア戦略(要約)

    9月に起きた同時多発テロは、テレビのリアルタイムという特質上、世界中の多くの人がその一部始終を目撃するという前代未聞のニュースとなった。この時点で視聴者は反テロ戦争に関して予測不可能であったはずだ。しかし、アメリカのメディア戦略の特徴としてのヴィジュアルによる反復と個々の犠牲者の英雄的物語化と視聴者の心理転化が互いに複合しあって、報復というアメリカのコンセンサスが構成された。これに圧倒的力を発揮したのが広範性同時性を持った

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テレビによるアメリカのメディア戦略(要約)
    9月に起きた同時多発テロは、テレビのリアルタイムという特質上、世界中の多くの人がその一部始終を目撃するという前代未聞のニュースとなった。この時点で視聴者は反テロ戦争に関して予測不可能であったはずだ。しかし、アメリカのメディア戦略の特徴としてのヴィジュアルによる反復と個々の犠牲者の英雄的物語化と視聴者の心理転化が互いに複合しあって、報復というアメリカのコンセンサスが構成された。これに圧倒的力を発揮したのが広範性同時性を持ったテレビであった。しかし、メディア戦略の恣意的性格上、受け手の視聴者はその事実の発信目的を注意深く考慮しなくてはならない。
    テレビによるアメリカのメディア戦略
    9月11日に米国で起きた同時多発テロは、テレビを通して世界中の人がその一部始終を目撃するという前代未聞のニュースとなった。その時間の番組は中断され臨時ニュースが流れ、映像と情報が画面を埋めた。その時時点では誰も何が起こったのかはっきりとはわからなかったが、視聴者は臨時ニュースの報道に事実情報や客観性を期待し、事件の詳細と真実をいち早く知りたいと思った。
    そこで優位にたっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。