『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,385
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』
     教育相談とは「生活に適応させ、人格の成長を援助するすべての教育活動である」といわれる。この教育相談は教育現場においては学校全体で取組むべきものであり、その中に教員、担任教員、カウンセラー、養護教諭などが含まれる。しかし今日ではその範囲がさらに広がり、生徒の親や地域社会との連携も強く求められている。
     いま学校の生徒、児童を取り巻く問題は様々であり、また教育相談のあり方も個々に対応したものでなければならないという観点から、教育相談活動は非常に多岐にわたり、その技術、方法、視点などの適正な習得が学校あるいは教員に求められている。
     先ず教育相談を行なうにあたって認識しておかなければならないことは、児童、生徒本人に働きかける活動だけではなくその親や担任教員、カウンセラーなどが相互に働きかけあって行われるということである。つまり問題を抱えた子どもの親と担任教員とが子どもへの対応を話し合ったり、子どもとの関係に悩む担任教員に同僚の教員が助言したり、不登校の子どもへの対処方法についてカウンセラーが学校で講演をしたりする働きかけ等である。そしてもう一つ大事なことは子ども一人ひとりを理解しようとする姿勢である。これはカウンセリング・マインドといって、今後教師に求められていくものであり、さまざまな問題、トラブルに対処する際に非常に有用とされるものである。具体的に言うと、カウンセリング対象者に対して、①カウンセラーの純粋性あるいは自己一致、②無条件の肯定的配慮、③共感的理解 などといったものである。つまり1対1で行うカウンセリングにおいて、個人の自己治癒力を信頼し、尊重し、問題を解決に導くことである。これはクライエント中心療法にみられる考え方であり、カウンセラーがカウンセリング時にとる基本的態度である。しかしこれを教師が教育現場で実際に行うとなると非常に難しいのである。何故なら通常教師は多数の生徒を同時に指導する為、ある程度の「厳しさ」が要求され、前述したようなカウンセラーの「受容」という考え方に対して、相反するものを持っているからである。したがって、教師とカウンセラーはそれぞれの役割を理解した上で連携を取ることが大事なのである。
    ただ、日常的に問題を抱えている子どもが目の前にいれば、教師は単に「厳しさ」だけでは問題解決の糸口は掴めないので、やはりカウンセリング的な対応が求められてくる。そのときにカウンセリング・マインドが必要となってくるのである。考え方として、問題行動はたまたま起こったのではなく、そうなる必然性があったと考え、問題行動は新たな変化を迎える為の契機、不可避のプロセスと認識する。そうすると教師は子どもの問題視されている部分を軽々しく削り取り、その子の個性を殺してしまうことはなくなるのである。
     そういった意味では生徒指導においてもカウンセリング的要素を含んだ教育相談を盛り込むことは生徒指導を成功に導く上で重要である。教師は子どもの内面を見つめ、子どもに行動の正否を理解できるよう援助し、問題行動の背景にある無意識的な理由を意識化させたりする。これが生徒指導の本来の目的の「子どもが自らの行動を律するという自己指導能力を育成すること」につながるのである。
     次にいじめと教育相談のあり方について記述していきたいと思う。
    最近のいじめは陰湿化し程度がひどくなっているといわれており、小学生による自殺の事例もあったことから事態は非常に深

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』
     教育相談とは「生活に適応させ、人格の成長を援助するすべての教育活動である」といわれる。この教育相談は教育現場においては学校全体で取組むべきものであり、その中に教員、担任教員、カウンセラー、養護教諭などが含まれる。しかし今日ではその範囲がさらに広がり、生徒の親や地域社会との連携も強く求められている。
     いま学校の生徒、児童を取り巻く問題は様々であり、また教育相談のあり方も個々に対応したものでなければならないという観点から、教育相談活動は非常に多岐にわたり、その技術、方法、視点などの適正な習得が学校あるいは教員に求められている。
     先ず教育相談を行なうにあたって認識しておかなければならないことは、児童、生徒本人に働きかける活動だけではなくその親や担任教員、カウンセラーなどが相互に働きかけあって行われるということである。つまり問題を抱えた子どもの親と担任教員とが子どもへの対応を話し合ったり、子どもとの関係に悩む担任教員に同僚の教員が助言したり、不登校の子どもへの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。