美術概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数640
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『美術嫌いになる原因を具体的事例からさぐり、楽しい・わかる・できる授業を通して好きにさせるための手立てを、学習指導要領の目標及び内容・方法と関連づけて述べなさい。』
     美術教育とは、子どもが色や形とふれあい、色や形にしてつくりだす喜びを知る過程で、造形感覚や創造活動の基礎的な能力を身に付け、自分自身の価値を形成し、豊かな情操を養う教育であると考えるので、学習指導要領の目標で「表現及び鑑賞の活動を通じて、つくりだす喜びを味わうようにするとともに造形的な創造活動の基礎的な能力を育て、豊かな情操を養う」とあるのと同意である。したがって、学校教育の中で一貫して美術、ひいては芸術に触れることは「楽しい」と思わせることが大切である。
    内容・方法の中で、第1学年及び第2学年の「(1)表したいこと、つくりたいものを自分の表現方法でつくりだす喜びを味わうようにする。」「(2)材料をもとにした造形活動を楽しみ、豊かな発想をするなどして、体全体の感覚や技能などを働かせるようにする。」「(3)かいたり、つくったりしたものなどを見ることに関心をもち、その楽しさを味わうようにする。」とあり、この段階の子どもを美..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。