人間の発達と学習 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数906
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間の発達と学習 第2分冊
    略題(作品の理解)
    (1)読者が仮説や枠組みを持って読むことで作品の理解がどのように促されるのか、テキストの論をもとにして説明せよ
    (2)まど・みちおの詩「ぞうさん」では「ぞうさん/ぞうさん/おはながながいのね」といわれて、小象が「そうよかあさんもながいのよ」と答えている。
    ①このときの小ぞうの気持ちを気持ちはどのようなものだったと思うのか、あなたの捉え方について述べよ
    また、「おはながながいのね」といわれた事に対して、「小ぞうは悪口だと思った」という仮説(悪口枠組み)でとらえると
    ②「そうよかあさんもながいのよ」と答えた小僧の気持ちをどう捉えるか
    ③さらに詩「ぞうさん」をどう理解できるか
    (1)の説明と関連つけて、あなたの考え方を述べよ
    --------------------------------------------------
    (1)
    読者が仮説や枠組みを持って読むことで作品が変化して読み取る事が出来る。作品自体の持っている意味よりも読者が持っている枠組みを持つ事で作品の印象や考え方が変わってしまうからである。
    作品自体の読み取る際の枠組みは、自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。