犬の大腿骨骨折整復術レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数684
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    大腿骨骨折獣医医学

    代表キーワード

    医学

    資料紹介

    犬の大腿骨骨折のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大腿骨骨折整復術レポート
    診断
    ~身体検査所見~
    歩様:しばしば非荷重性跛行。疼痛で患肢を動かすのを嫌う。
    視診:患肢大腿部の腫脹。強い筋収縮と骨片の騎乗に伴う短縮が多く見られる。
    触診:疼痛、捻髪音。
    ~X線検査~
    大腿部側面像と前後方向により評価する。
    固定用ピン(髄腔の8割の太さものを使用する)の径、長さ、プレートの形状、スクリューの大きさなどを検討するために、できる限り実物大に近くなるような位置で撮影する。
    大腿骨骨折の種類
    横骨折:骨折線が骨の長軸に対し垂直な骨折
    斜骨折:骨折線が骨の長軸に対し鋭角である骨折
    螺旋骨折:骨折線が骨の長軸を取り巻くような骨折
    粉砕骨折:3つ以上の骨片からなる骨折
    若木骨折:骨折が反対側の皮質骨に達することなく、骨膜下で屈曲した状態
    複雑骨折:開放性骨折のこと
    術前管理
    手術は受傷後できる限り早く行う(時間がたつほど骨折部の腫脹、筋肉の拘縮が大きくなる)。
    運動制限により、骨折周囲軟部組織の損傷を避ける。
    開放骨折では抗生物質を投与し、創外固定を用いて感染を防ぐことが最も重要。
    手術手技
    術野の消毒
    肢端から腹側まで広く剃毛する
    横臥位にし、肢端..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。