生徒指導・教育相談の具体例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数780
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・教育相談の関係において考える際に、学校で行える教育相談の範疇について考えていかなければならない。学校での教育相談の特徴を篠﨑信之氏は、学校現場は教育相談だけが本来の目的ではないこと、児童生徒間への積極的働きかけが可能であること、教育相談担当者と児童生徒の間に一定の人間関係ができていること、教育相談の対象の児童生徒以外の児童生徒への配慮が必要なことを挙げている。これらを考慮した上で、必要に応じて外部との連携も念頭に入れ、児童生徒の抱える問題に取り組んでいかなければならない。実際に教育相談を行っていく際にはカウンセリングを効果的に用いることが有効であり、個々の悩みに応じて適切なカウンセリングを行う必要がある。教育相談におけるカウンセリングには開発的・予防的・問題解決的カウンセリングに分類され、それぞれ児童生徒が抱える問題の内容によって使い分け、また並行して用いることとなる。また、カウンセリングの援助として、情緒的・情報的・評価的・道具的サポートを、児童生徒の状況に応じて援助していくことも重要である。
     中学2年のA男の例を取り上げてみる。A男は内向的な性格で友達も少なく、そのこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。