★学校と社会・学校の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,012
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校と社会・学校の役割』
    1.はじめに
    経済の低迷,社会問題の多発、現在の日本社会は混沌としている。この原因は多々あるだろうが、わたしは各個人、各組織、そして社会がそれぞれの目的をうしない、それぞれの役割がわからなくなったためと考える。学校でもこれはあてはまる。学校もまた組織であり、さまざまな学校問題を抱えている。教師が、学校の経営陣(教育委員会,学校長,PTAなど)が、学校の役割を演じられなくなってきているのであろう。わたしは今回学校の役割について、デューイの学校と社会第一章「学校と、社会の進歩」を通し、考察していく。
    2.要旨
    より良き社会は、社会的見地と個人的見地が一致した社会である。なぜなら、社会は自らに関するよりよき思想を、未来の自己(未来の社会)にひらかれている新たな可能性(未来の構成員)を通して実現しようと望むためである。社会的見地と個人的見地が一致した社会の基本的観点は、社会を構成する全ての個人の完全な成長に忠実であることである。この観点の実現によって初めて、社会はいかなる場合にも自らにたいして、忠実になる。先にあげた基本観点の実現で行われる、社会の自己指導において、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。